完済していても過払い金の請求はできる

過去に消費者金融や信販会社などでお金を借りたことがある人はたくさんいるでしょう。


今も借り入れをしている状態の人が過払い金の請求をすることで、借入金額を安く出来たというような話を聞くことがあります。

最近の杉山事務所情報はこちらです。

あるいは、借金を全額返済できたという話を聞くこともあります。



では、過去に借り入れをしたことがあって、現在はすでに完済した状態の人の場合には、過払い金の請求はできるのでしょうか。

東京新聞の基礎知識をご説明をしたいと思います。

これはできるケースと出来ないケースとがあります。

そもそも過払い金が発生していなければ駅ないわけですから、ケースバイケースであることは誰もが認めてくれるでしょう。また、原則として10年間は請求ができますが、それを超えるとできなくなりますからこの点にも注意が必要です。

このようなケースもありますが、すでに完済している状態であってもできることは知っておいたほうが良いでしょう。

例えば、何年か前に完済して、口座も解約をした状態であると、もう無理ではないかと思ってしまうのが普通です。

しかし、実際にはそうではありません。
口座を解約したからといって、支払い過ぎたものが支払い過ぎていない状態になるわけではありませんから、それとは関係なく過払い金の請求はできます。

ただ、時間が経つすぎると消滅時効が成立するなど、できなくなる状況も想定されますから、過払い金が発生しているかもしれないと思った時には、完済していてもできるだけ早く手続きにかかりましょう。